連帯保証人の関係

借金の中には、特に保証人が必要ないものと連帯保証人などが設定される借金があります。

 

正直な話、借りた方からすればどちらでも大して関係はないのですが、いざ借金の返済が苦しくなって任意整理をする段階になると、大きな違いが出てきます。

 

連帯保証人が設定されている借金は任意整理できない可能性が高い

そもそも、連帯保証人とはどのような立場なのかというと、万が一お金を借りている人が返済に困って返済不能となった際に、代わりに借金を支払うという役回りです。

 

お金を貸している債権者からすれば、お金を借りている人が借金で困って返済できなければ、連帯保証人から取り立てればいいだけの話です。

 

わざわざ借金を減らしてまで債務者の任意整理に応じる必要もないので、連帯保証人が設定されている借金に関しては、任意整理してもらえない可能性が高いです。

 

連帯保証人が任意整理をしたら

では、別の借金の連帯保証人になっている人が、自らの借金で任意整理をした場合はどうなるのでしょうか。この場合、その人は連帯保証人の役目を果たすことができませんので、連帯保証人から外されてしまいます。

 

別の借金をしている人は、新たな連帯保証人を立てるか、そうでなければ一括返済などの強硬手段をとられる可能性もあります。

 

借金に関する内容は素人では判断ができないので、困ったことがあれば任意整理の借金相談を行いましょう。