車の所有権の問題は?

特に地方に住んでいる人にとって、車は贅沢品ではなくなくてはならない生活の足です。スーパーへ行くのにも病院に行くのにも、公共交通機関が発達していない地方では車が不可欠です。

 

もし債務整理をすることとなったら、マイカーはどうなってしまうのでしょうか。

 

個人再生や自己破産の場合

マイカーを購入してローンをまだ支払い続けている場合、その車の所有権はローンの会社にあることがほとんどです。マイカーを担保にすることで、万が一借金が返済できなくなった時の「借金のかた」として持っていくのです。

 

個人再生や自己破産などの債務整理手続きをすると、ほとんどのケースで車は持っていかれてしまいます。

 

ただし自己破産で車のローンが20万円以下であれば、その車は財産として評価されませんので没収されません。

 

任意整理の場合

では、任意整理の場合はどうかというと、車を持ち続けることは比較的簡単です。車のローンが苦しくてそれを任意整理するのでなければ、車のローンを任意整理の対象から外せばいいのですから。

 

車のローン自体が減額されるわけではありませんが、任意整理によって他の借金が減ると車のローン支払いが容易になるというメリットもあります。

 

任意整理は自己破産と比べるとデメリットが小さいと言えますが、それでも整理を行う際には慎重にならなければなりません。軽い気持ちで任意整理を行わないように、しっかりと借金の債務整理相談を進めてください。