任意整理とは何なのか

借金をしたからには返済をしなければならないのですが、仕事を首になってしまった、急に病気になってしまって支出が増えてしまったなどの理由から、借金の返済が思うように進まない、そんな人も少なくありません。

 

可能な限り自力で返済をするのが望ましいのですが、自分の力ではどうにもならないと感じたのであれば、手遅れになる前に債務整理をするのがいいでしょう。

 

債務整理には、自己破産や個人再生、特定調停などがありますが、数ある債務整理の中でも最も多く利用されているのが「任意整理」です。

 

 

任意整理とはそもそも何か

債務整理を検討している人ならば一度くらいは耳にしたことがあるであろう「任意整理」ですが、その詳細を知る人はさほど多くありません。

 

任意整理とは、債権者(お金を貸している人、この場合は貸金業者)と債務者(お金を借りている人)が交渉を行なって、返済が可能になるような条件で合意成立を目指す手続きのことをいいます。

 

他の債務整理との違いは?

個人再生や自己破産は、任意整理ではどうしようもないほど借金が膨れ上がった人がとるべき方法で、任意整理よりも借金減額効果は大きいものの、債務整理後の制限は任意整理よりも大きくなります。

 

特定調停は、債権者と債務者が話し合って返済可能な条件で合意するのを目指す点では変わりありませんが、簡易裁判所が間に入る特定調停とは異なり、任意整理に裁判所がかかわることはありません。

 

任意整理にすべきか、他の債務整理にすべきか

借金の返済で困っている人は、とにかく借金減額効果の大きい個人再生や自己破産を安易に考えがちですが、それはあまりにも早計です。

 

借金のレベルに応じて様々な債務整理が用意されているため、まずは借金減額効果のさほど大きくない債務整理である任意整理を検討しましょう。

 

とはいえ、自分にはどんな債務整理の方法が適しているのか、自分ではなかなか判断に迷うところですよね。そんなときには、弁護士や司法書士の判断を仰ぐといいでしょう。

 

弁護士や司法書士に相談をしたとしても、これといった方程式があるわけではなく、どんな債務整理方法を選ぶかはケースバイケースといったところです。債権者の素性や借金の金額によって、とるべき債務整理の方法も異なります。

 

意地でも借金減額に応じてくれないような強硬な債権者の場合には、当人同士の解決ではなく間に法的効力を持つ裁判所を入れた方が、解決も容易に進み、ひいては借金の返済もスムーズにいきます。

 

最近では任意整理の相談は無料で手軽に気軽に行える法律事務所も増えてきているので、わからない点は聞いてみるとよいでしょう。相談先も任意整理の実績があるところにすると良いので、まずは任意整理の無料相談先に連絡をしてください。

 

また、闇金融の借金は任意整理ではどうにもならない場合もあります。悪質な闇金融の被害にあわないためにも、闇金融の借金の実態についてしっかりと理解をしておく必要があるのです。

 

最初は優しいのが闇金の特徴

闇金業者は皆、始めは優しく接してきます。お金を借りるときには仏様のように感じるかもしれません。しかしそれは幻であり、幻想と言ってもいいでしょう。

 

闇金の実態は人の心を持たない悪魔のような存在と言っても言い過ぎではありません。人の弱みにつけこみ、鬼のような取り立てで債務者を苦しめ、果ては自殺間でする人がいるくらいです。

 

命を奪ってまでお金を奪い取るのが、闇金業者なのです。こういった悪徳業者の手口は年々増えていき、今や数えきれないほどの手口があります。もはやただの金融としてのシステムではなく、何かをレンタルさせて、レンタル代金として支払いをさせるものもあります。

 

例えばお金に困って持っている時計を売りに行くとします。そこが闇金だった場合、時計を買取、そしてその時計をレンタルさせます。それで、毎月お金をレンタル代金として請求するわけです。

 

わかりづらいかもしれませんが、ついさっきまで自分のものを売りにいっただけなのに、何故こんなことになってるのかわからない人も多くいます。パニックになってる利用者の隙につけこむやり口なので、とても悪質だと言えます。

 

こんな手口に引っかからないためにも、しっかり知識をつけることが重要と言えます。

 

もし知らずに引っかかってしまっている場合には、専門家に相談をしておくと良いです。個人では解決の難しい闇金融の問題も、無料相談ではじめるヤミ金被害相談なら安全に解決ができます。